こんなことでお困りですか?

歯のぐらつき

考えられる主な原因

歯周病
歯肉炎
咬みあわせが悪い
神経をとった後の痛み

歯周ポケットが4mm以上の人の割合

出典: ▶︎ https://www.jda.or.jp/dental_data/pdf/chapter_02.pdf
歯科口腔疾患の動向日本歯科医師会

治療法

歯周病・歯肉炎治療

歯ぐきからの出血は、歯周病菌と戦っている証拠です。
歯周病菌が歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に侵入すると、体の免疫システムが炎症を起こして歯周病菌と戦います。
免疫に必要な細胞は血液内にいるので、戦うために血が集まり、腫れや出血を伴います。
そこでせき止められないと、歯を支えている骨(歯槽骨:しそうこつ)が溶かされていきます。
だから歯がグラつくのです。
歯周病や歯肉炎の治療は、まず歯石や歯垢に住んでいる歯周病菌の除去からスタートします。
除去には超音波を使用したり、殺菌剤などを使います。
どの方法にするか?は、個々人に沿ったものをご提案いたしますのでご安心くださいませ。

根の治療

神経を取った後、そこに再度バイ菌が繁殖して痛んでいる事があります。
膿(うみ)が出る、腫れるなどの症状がある場合、レントゲンやCTを撮って状況を診断します。
もう一度、歯の根を治療したところを消毒し、根の部分を充填し、被せ物をします。

噛み合わせを調整する

噛み合わせが合っていないことで、数本の歯のみが強くあたりすぎ、歯がグラつくことがあります。
歯ぎしりや食いしばるときの力は、体重の2倍以上、60キロの人なら120キロ以上掛かると言われています。
歯ぎしりも食いしばりも無意識でしているので、気が付くと咬み合わせが悪い歯がグラついている・・という事もあります。
マウスピースで一時的に咬み合わせを補正する、あるいは全体的に咬み合わせを治療していきます。

どのように歯周病は進行するの?

歯周病は痛みがなくジワジワと進行するため、静かな病「サイレントディジーズ(Silent Disease)」と呼ばれます。
歯がグラグラになって、抜歯をしなければならないというケースも稀ではありません。
歯が抜ける原因の1位は、歯周病です。
そんな歯周病は、下記のように進むのです。

1:健康な歯と歯ぐきです。

2:咬み合わせの力や汚れなどで歯ぐきが炎症を起こし、腫れ、出血が起こり、歯ぐきに汚れがたまりやすくなります。

3:さらに歯垢が溜まり、歯周ポケットが深くなり、歯周病菌が毒素を出して、歯を支えている骨(歯槽骨:しそうこつ)を溶かします。

4.:歯槽骨の破壊が進み、歯がグラつき、膿が出たり口臭がしたりします。

5:歯槽骨が2/3以上破壊されると、歯が抜けます。

知らないと大変!歯周病が怖い4つの「理由」

「歯周病の問題は、口の中だけでしょう?」
いいえ、そうではないのです。
むしろ、口の中の問題以外の方が怖いといっても過言ではありません。

「口の中に歯周病がある=歯周病菌がいる」と、毎日毎食、歯周病菌を飲み込んでいることになります。
さらに、歯ぐきの毛細血管からも歯周病菌は血管内に入り込みます。
血管に入った歯周病菌は、血液を介して全身を駆け巡ります。
そこでどんな事が起きるのでしょうか?

1.血管内で細菌の固まり(プラーク)を作る

歯周病菌の刺激が動脈硬化を促す物質を出し、血管内にプラーク(粥状の沈着物)が出来る事が最近の研究で分かってきています。
そのことが以下疾患の一因になる可能性があります。
狭心症
脳梗塞

2.糖尿病を悪化させる

歯周病菌は、血液の血糖値を抑えるインスリンの働きを邪魔します。
歯周病が改善することで、糖尿病も改善されるという報告もあります。

3.気管を通じて肺に入り、誤嚥性肺炎を引き起こす

今や誤嚥性肺炎は、がん、心疾患に続いて日本人の死因の3位です。
通常、肺に飲み込んだものは入りませんが、加齢により気管と食道の間にあるフタのしまりが悪くなり、肺に少しずつ飲み込んだものが入るようになります。
その中に歯周病菌等のバイ菌が混じり、肺で炎症を起こすことで、肺炎を起こします。

4.低体重児出産・早産

妊婦が歯周病の場合、血液中に入った歯周病菌が胎盤に入ることも、最近の研究でわかってきています。
歯周病菌が女性ホルモンの働きを阻害し、低体重のまま赤ちゃんが産まれたり、早産になる事があります。

歯周病にならないためには「予防」が一番カンタン

歯ブラシでは5割、デンタルフロスを使っても7割しか取れないといわれています。
残念ながら、自分では磨いているつもりでも磨けていないのです。
歯医者さんに定期的に通ってクリーニングしてもらうことで、磨き残しをチェックできます。
患者様一人ひとりの磨き具合を見ながら、歯磨きのプロである歯科衛生士のアドバイスも受けられます。

それと、もうひとつメリットがあります。
もし虫歯や歯周病になっても、早期に発見することができるのです。
早い段階で見つかれば、治療も簡単に済み、費用も時間も節約できます。
何より痛くない治療で終わるのが、最大のメリットです。